7割負けてもその損益が小さければ少ない勝利の儲けの大きさ

外為をはじめたばかりの方が市場の肝心なところを理解するには、まずトレードを積む事が大事です。moveis para escritorio sp

事前に危険性を察知できるようになるためには、間違いを積み上げることも大事です。ハーブガーデンシャンプー

損をするといっても、持ち直せないほど重大な負けをしてはいけません。

取り戻せるぐらいの負けを数度実践する事が、自分自身の経験値を高めてくれるはずです。

そう考えるとまず最初は少額で売買を行いこれで数回小さめのミスをすることをおすすめする。

例えとして、100万円だけしか資金がない場面で深く考えずに一円も残さないで投資して売り買いすると、間違えた時、今後元に戻せない危険性があります。

そのため、仮に資金の10分の1ずつ分けて注文して、これによって失敗や成功を体験した方が、少しずつ負けを減らす方法なども身についていくはずである。

最初は少ない額で取引する事の有益なところは、先に書いたようにあなたの体験を増やし、負けを制御する手法を身に付けていく事にありますが、合わせて、注文の回数を積み重ねる事で、偶然性を減らせるという長所もあります。

1度のエントリーで勝てる確率が二分の一だと考えます。

すなわち、同じく二分の一の確率で損が生じる危険性もあります。

勝率50%ということは二分の一の率で勝利できる事を意味しています。

だが、全部の資金を使ってエントリーをするということははっきりとした勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

それでは1回だけの丁半バクチと同じ。

これは、全ての財産を投じて1回こっきりの勝負しないとそれだけ大損する危険性が高まります。

これを回避するために、投資資金を1度にすべて賭けるのではなくいくつかに分けて、回数を重ねる事がリスク分散となります。

同時にいくつかに分けたとしてもすべての取引で利益を出す事は大切ではありません。

正しく言うと、勝つことが出来ないのが現実だ。

トレードで肝心なのは勝つ回数ではなく、いくら利益を出すかです。

勝半5割でも或いは勝率が低くても儲ける事は出来ます。

7割負けてもその損益が小さければ少ない勝利の儲けの大きさで相当儲けられる。

そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

損失が生じたら直ちにロスカットして、それとは逆に勝った時には上手く利益を上げることが、FX投資初めての方が外為取引で成功する極意です。

コンテンツメニュー

    Link