すぐに解約してしまえばそれだけ還付される保険料は上がりますが

この任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険だけではまかなうことが難しい補償を考慮している保険です。バイオハザードファイナル ネタバレ

これは任意の保険については自賠責保険の上級保険という意味合いで働きますので、自賠責保険の支払い限度額を上回った場合に機能します。アクアデオ

また、自賠責保険には対物損害に対しては保証されていないのでそこのところをまかなう際には任意保険にも入ることが望ましいです。ブルーベリーの視力回復効果

もう任意保険の保険料を納付済みのマイカーを廃車にする場合は、国産メーカーの車でも輸入車ということは関係なく残金が返金されます。ジニエスリムベルトの口コミ・評価

これは国内メーカーの自動車も同じことが言えます。キレイモ効果

自動車損害賠償責任保険の場合は一般的にはそのままにしておくのが通例ですが任意保険は誰でも加入するものではありませんので、解約をすることになります。銀座カラー 心斎橋店

また任意保険をキャンセルした後は、すでに 納付済みの残金が返ってくるということになります。

車売買が決まったからといってすぐに加入している任意保険を解除することはリスキーです。

勿論、すぐに解約してしまえばそれだけ還付される保険料は上がりますが、車店が遠方にあるため自ら乗っていくことになった時は、任意保険なしで自動車の運転をすることになります。

もしもの時を考慮して、絶対もう自ら運転をしないと言い切れるまでは保険の解除手続きはされないようにしなければなりません。

車を処分してすぐさま新しい自動車に乗り換えるケースだったら構わないですが、もしも長い間車に乗らない状態が続いて任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時があると以前に続いていた等級が下がってしまい、保険料の額が増額されることがあります。

そういったような状況は「中断証明書」というものを発行してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」を使えば、一定期間は解約前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。

また13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますからもし今現在で愛車を手放していて、「中断証明書」を発行していないのでしたらその保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。

もし他の自動車を購入することになって、購入後に前に保有していた愛車を廃車に出す場合は任意保険はどちらか一方のみになってしまします。

任意保険の契約し直しということですから乗る必要がある愛車であれば売却まで注意しましょう。

そして任意保険は車両により保険料が大きく変わるので、愛車売却の際は任意保険の保険料を見直してみるチャンスとも言えますね。

コンテンツメニュー

    Link