手放したくない状況でも選択肢になる借金整理の手続きです

特定調停というのも任意による整理と変わりなく各債権を持つものに対しての債務の返済を継続することを選択する借金整理の選択のことをいいます。クレジットカード比較

わかりやすくいうと裁判所が処理する負債整理となります。

特定調停も任意整理による処理と同じく破産宣告とは違いある部分だけのお金のみを整理していくことが可能ですので、他に保証人が付く借入金以外だけで整理していく際や住宅ローン以外で手続きする場合等においても活用することができますし、全ての財産を放棄してしまう必要がないため、貴金属や土地などの個人資産を持っていて、手放したくない状況でも選択肢になる借金整理の手続きです。

ただし、これからの返済に必要となる額と実際としての所得を比較して、ある程度完済が見通せるのであればこの処理を進めるほうが良いといえますが自己破産のように負債自体がなくなるということではないため元金の総額が大きい場合などは、実際的にはこの手続きを実行するのは困難であると判断することになるでしょう。

また、この手順は公の機関が中に入るため弁護士などのプロに頼まなくてもリスクが増えるようなことはないという点とか手続きの金額を節約できるという利点は注目できますが各債権者からのわずらわしい取り立てに対し債務者自身が応対していく必要がある点に加え、実際に裁判所に何度か足を運ぶことが必要になるという留意点もあります。

くわえて、任意整理による処理に対して調停が終わる段階で和解が成立しないときには金利をそのままの金額で渡していかないといけないといったことや結果的にお金の貸し手に支払っていく合計が任意整理による解決と比べて高くなることがあるといった留意点もあります。

コンテンツメニュー

    Link