この事例というのは次の車検までの期間が残存している廃車処理

自動車重量税、別名重量税というものは国内メーカーの自動車でも外車等愛車の国やプラグインハイブリッド車、クーペ等車のタイプも例外なく例えば、ミツビシやジャガー、などでも当たり前に納付しなくてはならないものです。78-16-32

新車登録の場合、あるいは定期車検の時に納税が必要な税金なのです。78-18-32

その税額は自動車の大きさで定められています。78-19-32

「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく違うものですから、しっかり理解して混同しないようにする必要があります。78-1-32

「自動車重量税はウエート毎に」「自動車税というものは車の総排気量で」その税額が異なります。78-17-32

それにより売却時の扱われ方違いますので、注意しなければなりません。78-10-32

車を買い取ってもらうときには既に支払った税額がいくらあっても、その金額が還付されるようなことはありませんが、一方で、自動車税の時は、既に支払った金額を買取金額に乗せてくれるようなことがあるものの、重量税については足される場合はほとんどないはずです。78-20-32

重量税というのは、手放す際に納付済みの税額が残っていると言っても中古車店側でその事実が考慮されることは少ないです。78-11-32

なので次回の支払い、分かりやすく言えば次回の車検まで売るのを少し待ち査定に出すというのが無駄は少ないです。78-6-32

中古車買い取りの際は戻ってこない重量税ですが一定の条件のケースでしたら戻ってくることがあります。78-3-32

この事例というのは次の車検までの期間が残存している廃車処理する時です。

廃車登録をすれば残存期間に従って税金が返金されます。

ただし買い取りの場合はその車が廃車されるのとは違うので返ってきません。

それから愛車の名義の変更をしたケースや盗難被害に遭った時なども還付を受けることはできません。

自動車重量税の残っている期間がある車を売却するということは車検の効力がまだある中古車ということと同じです。

そのことを買取店も計算に入れますから重量税の残存期間があれば少しは買取額が増えることでしょう。

当然、買取額は業者次第で異なりますが車検の効力が残っている事実を計算に入れてもらえば、売却する自動車の売却額と比べるとそこまで損をするということもありません。

コンテンツメニュー

78-13-32 78-12-32 78-4-32 78-2-32 78-5-32