こんな大事な機会に変わり目

外国為替証拠金取引(FX)に関しての良いところは、一つの商品でありながら、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の中からどの種類をセレクトするのかにより、資金を費やす手だてが全然変わってくる点にあるのです。過払い金請求 どこがいい

最初に外国貨幣への投入の「長い期間の投資」に関して詳しく見てみよう。

長期とは一年以上の投資期間を基準にしているのが普通です。

だいたい為替相場においては一年以上後々の為替のレートが円高なのか、もしくは円安であるかを予測するなんてことは、多くの場合難問だと思います。

普通の人は「そこまで先の状況は考えられない」と思うのが本音です。

予測もできないものを頭を悩ませて推測しようにも無謀なことです。

ですから他国の貨幣を買い、その時のレートよりも円高になったとしてもその分は少し経てば戻ってくるという意識で向かうことが大切です。

為替の差益を熱心に目指すことではなく、別の方法での利益、スワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるのを、ねらいと決めてやってみましょう。

当然ですが少しの間に為替変動の影響でマイナスが大きくなることがあります。

そういう訳で、そのような損失が膨らんでも耐えられるようにレバレッジを最小限で取引する心がけは肝心です。

FX(外国為替証拠金取引)は差損が決まった範囲以上拡大してしまうと、追い証が出て来たり、またはストップロスがかかったりします。

ストップロスになってしまったらその時点で取引を決済しなければならず長期の投資はストップします。

例のようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍に設定して取引するべきです。

2番目に中期スタンスを狙ったやり取りを説明します。

中期の投資の場合は1?2ヶ月ほど先を考慮しての売買なのです。

為替の取引の時、およそ1ヶ月後のことであればおおよそ、想定可能な場合が多いでしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような閣議の内容やマーケット参加者がいかなるテーマに関心があるかを見ればいくらか推測できるのです。

ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながらなおチャートを見ることによって、レートの動きを理解する事ができ買いポジションか売りポジションかを決めるのがベストです。

基本的に経済の基礎的条件とジャッジのどちらでも良い状態であり、あるいは買いが同様であれば、予想通りに動いていくと思って間違いありません。

そのような時は持ち金を増やすことによってより一層多い儲けを入手できるはずです。

第三に短期のポイント。

ここでいう短期スタンスというのは言うなればデイトレーディングを意味しています。

為替でデイトレーディングをする時は経済の状況は絶対に絡んでいないと断言できます。

なぜならば次の日の為替相場の変動に、経済情勢は影響ないからです。

この場合最大のコツは大きい出来事がありそれが影響して為替相場が変動する一瞬を見過ごさないよう取引しましょう。

たとえば米国で雇用者の統計が発表されるそれとも金融政策決定会合などで金利が変化するような出来事。

こんな大事な機会に変わり目を見逃してはいけないとのわけで、短期のトレードは技術的な要素が必須となる。

コンテンツメニュー

    Link