確認する必要があります

予期せず、急に遭遇するのが自動車事故です。ソイスリム

ここでどのように対処したことによって保険料の支払金もかなり変わってくる場合もあるので正確な考えと対策が重要です。まんぷくスリム

想像できないハプニングに遭遇して平静さを失ってしまったならば大切な状況を忘れてしまい、先々自身がかなりの損を受けることもあるので自動車の事故をしてしまったケースは正しく以下に述べる作業するとよいかもしれません。千年酵素

乗用車の事故を起こしてしまった場面でまずすべきなのは怪我をした人がいるかどうかのかを確認する必要があります。サンプルファン

交通事故後すぐは気が動転するあまり何も出来ない状態になってしまう場面がありなかなか行動できないのが普通です。ラポマインサプリメント

その場合、怪我をした方がいた場合には安全が確認されたところに動いてできる限りの手当をし119番通報する等人命優先に努める必要があります。ペッツデポタウン

救急車に連絡する場面では的確な位置を連絡し不明な場面では周囲の有名なお店や交差点名を知らせて事故が起こった場所が分かってもらえるようにします。藍の青汁

2番目に警察に連絡し、事故があった旨、現在の様子を説明します。チアベリースリム

救急車と警察の到着を待つ間に事故の相手のことを確認します。デオシブEX

氏名、電話番号、ナンバープレート、相手の自動車保険の会社名と言ったお互いの内容を教えます。

その時に事故の相手方にミスがあるような状況ではすぐに解決しようとする場面がよくありますがすぐに処理するのではなく、どの時にかかわらず警察署や保険屋さんに連絡して、きちんとチェックしてもらう事が大切です。

互いの情報を教えあったら他の人のさまたげにならないように妨げとなる物道から取り去ります。

万が一邪魔な物が誰かの障害となっている場合には、情報を交換するより早くその作業を行っても構いません。

その次に自分自身がお金を払っている車の保険会社に連絡を入れ、自動車事故が発生したことを報告します。

自動車での事故から一定の時間内のうちに保険屋さんに知らせておかないと、車での事故の保険の適用除外となるケースも想定されますので極力時をおかずに連絡することが欠かせません。

可能であれば事故の現場の証拠になるように、コンパクトカメラやタブレットで事故の現場や愛車の破損箇所を見ることができる写真を残しておきます。

その証拠写真は過失割合を決定する時に大きなデータとできるので自分自身の乗用車や先方のクルマの破損状態を全て証拠として残しておくことが大事です。

この場面で他の人がいたのなら警察の人や自動車保険会社がやってくるまで事故現場にそのまま待ってもらえるように求めることも忘れてはいけません。

コンテンツメニュー

    Link