思った以上に大変な介護

介護にまつわる問題はよく報道されていたりするため、認識している人は多いと思われます。

しかし、実際に介護に携わっていなければその大変さはなかなか実感しづらいものであるといえるでしょう。

介護自体の作業的なことももちろん大変です。

移動や解除などでは力がたくさん必要とされるため、肉体的な疲労などもあります。

しかしそれ以上に大変なのが、24時間気が抜けないということなのです。

実際、家族の介護をしていましたが、数十分おきに呼ばれて対応しなければならないのは思った以上につらいものでした。

日中はよいのですが、夜中も排せつ介助が必要で同じように呼ばれるので、まとまった睡眠はほとんど取れなくなりました。

家族交替でやっていたためまだ何とかなりましたが、一人でならより追いつめられていたと思います。

介護だけに集中しているわけではないので、ちょっと目を離したすきに異常や急変があったらどうしようという不安はいつも付きまとっていました。

コンテンツメニュー

    Link