クレカの無効化のやり取りはレアな条件

カードがいらなく思える!そうした時にはクレジットの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。ピーシーマックス

確認は無用だと考えられますがカードからの退会とは利用者が持っているまさにそのクレジットカードを二度と買い物などで会計出来ないように戻してしまうことである。https://www.shikaku-king.com/gotouti/tottorisakyukentei/

この一節におきましては無用なカードの契約解除の段取りから無効化に際しての要点などをわかりやすく詳しく説明していくことにします。

これを一読してもらえば解約における疑問点を忘れて頂けるに違いないと思っています。

至極簡単に説明するが、クレジットを使用を中止するのは非常に簡単。

「クレジットにひとたび加入手続きをしたら思い通りに契約解除するのは困難じゃないだろうか……」といったことや「 カードの無効化の手順が手間なんじゃないだろうか?」などと早合点してしまう使用者も多く存在するようだと聞いているが本当はクレジットカードの裏側に印字してあるコールセンターに電話をしてクレジットカード使用中止の意思を知ってもらうだけで使用不可能化が可能(ほとんど3分ほどの手続きで解約できます)。

クレジットを利用開始する場合はあそこまで億劫だったはずなのに機能停止の事務手続きはまさか一回の通話で終わってしまうの?などという風に拍子抜けしてしまうと思います。

実際に解約事務手続きは手間無しにおしまいに出来るのでしょうか?当然です。

クレカの無効化のやり取りはレアな条件を除き、解約のために要する届け出用紙も関係ない上にしつこく慰留されるなどという事態も考えられません。

嘘偽り無しに「持っている△△カードのサービスを使用不可能化したいのですが・・・」と電話口の受付に直接依頼することが出来れば大丈夫です。

実は、私の妻も過去に30枚クレジットカードを使用中止するために申請を行ってきましたが、一回も解約について揉めたような場合は体験していないためそのような悩みについては心配しないで結構です。

家内を介して聞いた、誰かが実際に体験したという情報では退会を行おうとしたらやめる事情について差し支えなければ聞いてもいいかと言われるという事例があったということですがしつこく追及されるのではなく聞き取り調査という雰囲気の軽い聞き方だったと言っていたので引き止められる事態もないだろうと考えられます。

もし理由を聞かれたということになっても気を遣わずに『使用する機会が減ったと感じたから』もしくは『他のクレジットサービスの方が便利そうだと思ったから』などと伝えれば良いだろう。

コンテンツメニュー

    Link