普通は有効期限を気にする必要はないですが

自動車を売却する時や、自動車の下取りの際も印鑑証明というものが必要になります。男性 大人ニキビ

この印鑑証明という書類について説明していきます。デリケートゾーン かゆみ におい

印鑑証明書とは、ある印鑑が実印で間違いないということを実証する目的の公式な書類です。ラブホの上野さん 動画 4話

印鑑証明がないのであればその印鑑に関して実印として効力を持つことが証明できません。エマルジョンリムーバー

大金が動く売買になる愛車の売買なので実印が必要ですがその際に印鑑証明というものが出てきます。専業主婦におすすめ!静銀カードローンセリカなら夫に内緒で借入できる

印鑑証明を交付してもらうには事前に印鑑証明の手続きをしなければなりません。

印鑑証明書に登録する印は普通、実印と言われ、唯一無二のハンコでなくてはなりません。

この印鑑を準備してお近くの市役所などの担当部署へいけばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものが交付され、登録が完了した判子は実印になったということになります。

印鑑証明を発行してもらうためには市町村役場の窓口へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を書いて印鑑登録カードを出すだけでできます。

そして、自動交付機でも印鑑証明書を交付してもらうことができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですのでどれだけ前の印鑑証明だとしてもその効力は持続するのです。

ですが、車買い取りの際には、必須条件として現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

普通は有効期限を気にする必要はないですが、売却の際には買い取る側が有効期限を設定していますので、もし車両の買取を検討している場合は、売却前に用意しておくことが必要です。

コンテンツメニュー

    Link