www.garradejaguar.org

やっと仕かける時という場面では始めに下調べをサボってはいけません。相場に入る前であるとすれば起こる事を冷静に調べる事が出来ます。しかし、ひとたびマーケットの内側へ立ち入ってしまうと、どうやっても見え方が客観性を欠くものになる場合があり、時々正しい状況判断ができなくなる危険があります。だからこそ己の合理的なうちに、適切に準備が大切なのだ。その”準備”とは、最初は自分の台本を記す事から始めます。将来のマーケットはああだからこの外貨をエントリーするといった、あなたなりの台本を書いていきます。次は時間足チャートをチェックしよう。以前のレートの動きを見定めて、今日の相場を確かめます。そうしたら、「今のところ結構行き過ぎた状態になっている」とか、そうでなければ「もうすでに大多数の人々が買い(あるいは売り)に動いているからこれから先慌てて売買してももはや遅すぎるな」ということが見えてきます。取引するのが間に合わないなと感じたら手を出さないで、ここはきっぱりと割り切ることが肝心です。どうやってもあなたなりのシナリオを押し通して強引に新しく注文すると相場に跳ね返されて損失を被ることになる可能性があります。ただ多くの場合、準備が整った筋書きを思い描いているとすれば売買がなすすべがないという状況にはなりません。たぶん、現実に外国為替相場が上げ下げする前のはずです。次に、とりあえずあなた自身がとろうと考えている外貨ポジションの動きをきちんと見る事が不可欠です。もしも、ドル高になるだろうという筋書きを作成したのであれば、該当する外貨の上下動に注目する事が大事です。為替相場の上下動を注目し始めた段階では、まだ分かりやすく推移する素振りを見せることなく、上や下に多少の動きを繰り返しているだけでしょう。しかしながら、その動きを調べているとある位置で確実に、ドル高へと相場が変化し始めます。このタイミングで初めてドルの注文をします。普通は、そこまで周到に事前準備をすれば、その売り買いで稼げる確率は相当大きくなります。

コンテンツメニュー